Expancel®│熱膨張マイクロカプセル

Expancelの応用事例 発泡成形

射出成型や押出成形へのExpancel

Expancelは外殻樹脂に発泡剤(液状の炭化水素)を内包させた熱膨張性マイクロカプセルであり、これが加熱膨張されてマイクロバルーンとなります。
汎用の熱可塑性樹脂と、この熱膨張性マイクロカプセルをドライブレンドし、シリンダー内でExpancelの膨張が始まらないよう制御し、ノズルを通過し、金型に入った途端にExpancelが膨張し、発泡成形を行うというものです。
ポリエチレンやポリプロピレンで成型したところ、軽量で寸法安定性もあり、引けの少ない独立気泡成形物が得られました。
また、従来の発泡成型より、ショット時間や冷却時間の短縮が可能で今後の開発が期待されます。

EXPANCELを使った射出成型

本用途へは、パウダー状のDUタイプとは別に、導入して頂きやすいペレット状のマスターバッチタイプもご用意しております。
詳しくはお問い合わせ下さい。